子どもも楽しい!「ぬいぐるみびょういんぶ」みたか

カテゴリー: まちづくり

 

先月、くまちゃんハウスに白衣を着たお医者さんの卵たちが降臨!

 

杏林大学医学部の学生有志の方が、地域の保育園などを中心に「ぬいぐるみびょういんぶ」という活動を行ってくださいました。

 

 

 

 

小さなこどもたちにもわかりやすく、エプロンシアターを使って各臓器の働きを説明してもらったり、ぬいぐるみを患者さんに見立てて、お医者さんや患者さんを体験させてもらったりしました。

 

 

お医者さん体験では、患者さんの主訴を聞きながらカルテを書いたり、お薬を処方したりと本格的・・・。

 

 

患者さん体験でも、「いつから、どんな症状があり、どうしてほしいのか」をお医者さんに伝える練習ができました。

 

 

 

 

聴診器を使って、自分の心臓の音も聞かせてもらったり、みんな初めての体験で興味津々!!

 

 

最後は魔法の薬を使って見える化してもらった手についたばい菌を、学生たちに教わった正しい手洗い方法でピカピカにしました。子どもたちも「たのしかった~!」と満足そう。

 

 

学生たちも、地域でこの活動を拡げていきたいそうです。うちにも来て~という方はぜひ声をかけてあげてください!




【ケアを使いたい!】

【ケアを担いたい!】