武蔵野市長とのふれあいトークに参加

カテゴリー: ニュース

 

12月19日、吉祥寺オフィス吉田所長が、松下市長との対話の場に参加しました。

 

 

テーマは主に在宅医療と介護の連携について。

 

 

市内のケアマネジャーや施設の専門職や医師など10名ほどが

市長を囲んでざっくばらんにお話しました。

 

 

吉田からは、医療的ケアの手続きに時間や書類の手間がかかること、

事業所の負担が大きいため、担う事業所が増えないことを訴え、

医師会の先生からも指示書などが各事業所ごとに多く

煩雑で困っているとの意見が出ました。

 

 

また、足りない人材を補うため、シニア層の活用が話題になりましたが、

学生さんなどの若い人が入ってきやすいように採用や

育成の体制づくりも望まれると市長にお伝えしました。




【ケアを使いたい!】

【ケアを担いたい!】