一人暮らしで大往生  最期のお出かけと水道水

カテゴリー: グレースケア

 市内の5畳一間に暮らすKさん(95)。10月に余命わずかと言われ、寝たきりの状態から訪問が始まりましたが、関わるなかで少しずつ言葉や活気を取り戻していきました。あたしね、いつになるかわかんないけど、良くなったら必ずお返しするから、待っててよそう言いながら、ヘルパーの手をぎゅっと握るKさんの目は澄んでいて、いつも心を温かくしてくれました。

 

 そんなKさんと家族のような付き合いの大家さんの希望で、12月15日には久しぶりのお散歩に出かけることができました。主治医の先生からも許可を頂き、訪問看護師とも細かく打ち合わせ、当日はヘルパー2人でお迎えに。「こんなにたくさん人が来て、そうかあたし死ぬのね」と、初めはキョトンとしていたKさんですが、危ぶまれた血圧降下もなく無事に出発。もともとお花が好きだったとのこと、真っ黄色の銀杏の木や、植え込みのお花などをゆっくり見て回りました。Kさんは眩しいのか目を細めていましたが、キリッとした冬の空気と青い空、太陽の暖かさを共に感じることができました。

 

 

 

 

 Kさんは戦争で家を三度焼かれ、家族も亡くし、電話交換手などでがむしゃらに働いてきた人生だったと言います。 甘いものよりも普通の水道水を好まれあぁ〜〜美味しい。お水が一番好きなのと吸呑みからよく飲まれていました。「おばさんじゃないよ、ばばあだよ」そう言ってヘルパーを笑わせながらも、あなたたちにはわからないほど嬉しいよと心の底から吐き出す言葉には、Kさんのこれまでの人生の重みが詰まっていました。

 

 一時は年を越せそうかなと思ったのもつかの間、年の瀬に徐々に状態が落ちていきました。12月28日、薄れていく意識のなかで「お、お水…」と言われ、スポンジでお口を湿らせて頂きました。そして翌日の朝方、静かに旅立たれました。

 

 Kさんの一生の最期にわずかでしたが、周りの方々と協力して関われたことを光栄に思います。心よりご冥福をお祈りいたします。

 




【ケアを使いたい!】

【ケアを担いたい!】