さくまの家“農園” 充実の夏野菜!

カテゴリー: さくまの家

 

ナースさくまの家の庭には、

私たちが「農園」と呼ぶ四畳半ほどの家庭菜園があります。

 

 

今は夏の野菜が十種類。トマト、キュウリなどの定番のほか、

今年初めて植えたズッキーニが、

ヤツデのような葉を広げ黄色い花をつけています。

 

 

 

 

野菜の苗は「チリンチリン三鷹」から仕入れた

地元の農家産、市販の苗よりよく育つとか。

 

 

また今年から研究熱心な職員が、

できるだけ農薬を減らそうと虫捕りシートを導入、

哀れシートに捕まったアブラムシの下、

ぴかぴかの野菜たちは日々大きく育っています。

 

 

 

 

なかでも熱い視線を浴びているのはスイカ。

担当職員のゴーサインが出るまで

決して取ってはならないとのお触れが出たところです。

 

 

取れたての野菜はすぐにその日の食事に、煮たり焼いたりそのままだったり。

先月旅立たれたFさんは、取れたてのスナップエンドウを食べるたび

「甘いわね」とおっしゃり、よく召し上がりました。

 

 

たとえ食べられなくなっても、新鮮な野菜を手にとると、

その香りと手触りは季節を味わわせてくれます。




【ケアを使いたい!】

【ケアを担いたい!】