団体概要

団体名NPO法人グレースケア機構
本社所在地    〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-17-9
URLhttps://g-care.org
連絡先Tel :0422-70-2805 Fax:0422-24-8307
設立2008年4月1日
代表柳本文貴
スタッフ数175名(2021年5月現在) 介護福祉士81名、社会福祉士8名、精神保健福祉士4名、看護師6名、鍼灸・マッサージ師3名ほか、理学療法士、保育士、調理師、僧侶、俳優、整理収納アドバイザー、英検・中国語検定、PC講師、秘書など
事業概要ケアサービス 研修・相談事業 まちづくり活動
事業所<NPOグレースケア>  
三鷹オフィス 〒181-0013  東京都三鷹市下連雀3-17-9(三鷹駅南口・徒歩10分)Tel: 0422-70-2805 Fax: 0422-24-8307 E-mail: office@g-care.org  
アクセス : JR三鷹駅南口を出て直進、「三鷹駅前」交差点を渡って左折3本目の交差点(和食工房様と連雀不動産様の間)を右折道なりに進み、左側・加藤米穀店様の向かいの駐車場の奥駐車場先の小さい路地を右折し、突き当たり右側の門からお入りください。  
武蔵野オフィス 〒180-0013  東京都武蔵野市西久保3-18-14(三鷹駅北口・徒歩10分)Tel:0422-27-5430 Fax:0422-27-5431  
天文台オフィス 〒181-0015 東京都三鷹市大沢2-2-13 Tel:0422-30-8815 Fax:0422-30-8816    

<となりのでこちゃん> 〒181-0002 東京都三鷹市牟礼6-11-2  Tel: 0422-26-7597 Fax: 0422-26-7598 E-mail: deco@g-care.org    
アクセス: JR三鷹駅南口から京王バス →「三鷹台団地」から徒歩6分 JR吉祥寺駅南口から小田急バス →「天神前 (三鷹市)」から徒歩5分     

<むかいのさっちゃん> 〒181-0002  東京都三鷹市牟礼 5-12-25  Tel/Fax: 0422-57-8290    

<ひとまちここ訪問看護ステーション・くまちゃん保健室> 〒181-0002  東京都三鷹市牟礼5-12-26  Tel: 0422-24-9275       Fax:0422-24-9276    加入団体 NPO法人市民福祉団体全国協議会 一般社団法人日本在宅介護協会 三鷹武蔵野社会福祉士会 日本認知症ケア学会  
加入団体 NPO法人市民福祉団体全国協議会 一般社団法人日本在宅介護協会 三鷹武蔵野社会福祉士会 日本認知症ケア学会  

代表プロフィール

NPO法人グレースケア機構 代表 柳本 文貴(やぎもと ふみたか)

1970年新潟市生まれ。大阪大学・佛教大学・大阪シナリオ学校演芸科卒。在学中から障がい当事者運動に関わり、株式会社パソナフォスターでヘルパー養成や派遣を行う。老人保健施設、認知症グループホームを経て、2008年グレースケアを設立。長時間・泊まりケア、娯楽ケア、医療的ケアなど自費を中心に、介護保険や障がいのサービス、小規模デイ、研修事業などに取り組む。社会福祉士、介護福祉士、ケアマネジャー。著書に『認知症ゆる介護のすすめ』(メディカ出版)、『イラストでわかる介護記録の書き方』(成美堂出版)など。

著書:認知症「ゆる介護」のすすめ: 在宅介護の“イライラ”を“ほっこり”に変える
   すぐ使える用語集付き! イラストでわかる介護記録の書き方『ケアのカリスマたち』(上野千鶴子さんと柳本の対談掲載)

会員募集 ~ケアの仕組みをフェアにする活動にご支援・ご協力を~

グレースケア機構では、関係団体や協力パートナーと共に、現場の課題ややりがいをアピールしながら、事業を通じて次代の介護基盤づくりに取り組んでいます。既存の制度では解決しにくい困りごとに応え、将来にわたる安心や愉しみを保障する仕組みを作り出すために、ぜひパートナーである賛助会員としてご支援・ご協力をお願いいたします。  

● 賛助会員 入会金 1,000円 年会費1口 5,000円 月6時間以上ご利用の方は、会費を頂きません 

● 会員特典 隔月でニュースレターを送付 会員価格で自費の利用(1時間3,500円のところ、3,200円) イベントやセミナーのご優待  

参照 自費のケアサービス、他社との比較

 公的機関A企業BNPOグレースケア
利用料1時間1,000円2時間7,000円(延長1時間単位)1時間3,500円(延長15分単位)
スタッフ無資格者無資格者、一部有資格全員有資格者
時給960円960円~1,000円1,900円

沿革

2008年 「もっとケアの中身を豊かにしたい!」と日ごろ感じていたケア専門職が集まり設立。三鷹市SOHOパイロットオフィス(下連雀3-27-1)にて事業開始。自費サービスを中心に指名性も取り入れ、お一人お一人のご希望に応じた幅広いケアによる暮らしのサポートを始める。
2010年利用者様から、介護保険と組み合わせて利用したいとの要望があり、10月に介護保険(訪問介護)の指定を受ける。11月に三鷹センター(下連雀3-28-23)に移転。
2011年4月に障がいサービス(居宅介護・重度訪問介護、移動支援)の指定を受ける。
2014年9月に現拠点(下連雀3‐17‐9)に移転。
2016年地域に居場所を作りたいとの思いから、4月に「となりのでこちゃん」(通所介護)を開始。 8月には、宿泊サービスを始める。8月に、「喀痰吸引等研修機関」として東京都に登録。10月に、第一回重度訪問介護・喀痰吸引等研修を実施。
2017年武蔵野市内や近隣からのご相談・ご依頼にお応えするため、6月に吉祥寺オフィスを開設。
2018年12月にケア付きシェアハウス「ナースさくまの家」運営
2020年 調布市内や近隣からのご相談・ご依頼にお応えするため、2月に天文台オフィスを開設     2月に吉祥寺オフィスの業務拡張のため、移転し名称を武蔵野オフィスと改称。
2021年 4月、ひとまちここ訪問看護ステーションを開設