ひとまちここ スタッフ紹介

カテゴリー: ひとまちここ

 ひとまちここ管理者の寺嶋香里です。看護師になって今年で14年目になります。学生のころから訪問看護に興味があり、市民病院の消化器外科での研修を経て、訪問看護ステーションで働き始めました。10年ぐらい経験を積んだ後、訪問看護の知識をもっと深めたいと思い、大学院に入学。在宅看護学を学ぶ中、利用者さんの生活や療養を支えるためには、訪問ヘルパーや他職種と協働することが重要だと気づかされ、グレースケアの中で訪問看護ステーションを開設したいと門を叩かせていただきました。

 ひとまちここに併設している「くまちゃん保健室」では、地域の方々の健康相談を受け付けています。今は病状が重くない方とも、地域のご近所さん・友人・看護師として、健康相談やヨガなどの活動でつながることをきっかけに、その方の暮らしを支えるパートナーになりたいと考えています。

 利用者さんのご自宅に訪問し、その方の生活や人生に触れられることは、在宅サービスでしか味わえない醍醐味だと思います。これから、いろんな職種の皆さんと一緒に考え、ケアをしていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

 

 

 

 今井泰子です。看護師になって今年で19年目になります。これまで大学病院の急性期外科病棟や認知症病棟、急性期の精神科病棟などで経験を積み、6年前から訪問看護ステーションで働いていました。そんな中、寺嶋さんと出会い、今回グレースケアで働かせていただくことになりました。

 訪問看護の醍醐味は、利用者さんがその人らしく居たい場所で、充実した生活を送れるようにサポートできるところだと思います。幅広い健康レベルの方と関わるので、日々奮闘しながら従事していますが、だからこそやりがいがあると感じています。

 今後は、くまちゃん保健室で相談業務なども行い、地域の方々の健康パートナーになれたらと思っています。認知症ケア専門士の資格も取得していますので、ぜひ認知症に関する不安やお悩みについてもご相談ください。プライベートでは、二児の母であり、趣味はキャンプや釣りなどアウトドアが大好きなアクティブ人間です。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 宇田由佳里です。もともとナースさくまの家で看護師として仕事をしていましたが、この度ひとまちここの一員としても働くことになりました。
 私は、看護師歴15年で、これまで病院の神経内科、回復期病棟を中心に経験を積んできました。当時から「患者さんが退院した後に困っていることはないだろうか」と気にかけていた経験が、訪問看護を志したきっかけになっています。
 さくまの家で働き始めた同時期には、大学で発達心理を学び、重症心身障害児施設でも仕事をしていました。好奇心旺盛で、これまでいろいろなことにチャレンジしてきましたが、その根底にはシンプルに「人が好き・看護が好き」という想いがあります。今後は、くまちゃん保健室を通して、地域の居場所づくりに参加できることも楽しみにしています。プライベートでは2児の母で、子どもたちと遊んだり一緒に空手を練習することも好きです。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 




【ケアを使いたい!】

【ケアを担いたい!】